« 神魂神社から八重垣神社(H21.4.21) | トップページ | 坐摩神社(H21.5.20) »

2010年2月 9日 (火)

賣布神社(売布神社)(H21.4.21)

●賣布神社<売布神社>(めふじんじゃ)(島根県松江市和多見町81)
賣布神社は、出雲国風土記に「賣布社(めふのやしろ)」、延喜式には「賣布神社(めふのかみやしろ)」と記された古社で、遠く神代において御祭神である櫛八玉神が潮の流れの中にあるとされる速秋津比賣神を生命の祖神としてお祀りになったことに始まり、後に植樹の神とされる相殿の3神をあわせ祀られたと伝わります。社号の「めふ」とは海藻や草木の豊かに生えることを意味しています。
元の鎮座地は意宇郡の海辺であり、宍道湖が形成される頃袖師ヶ浦へ、そして潟地が広がって今の白潟ができたころの天正年間(16世紀後半)に、海水の流入口となった現在地へ遷座されたと伝えられています。「白潟大明神」や「橋姫(はしひめ)大明神」とも称され、長期に渡り松江の産土神として崇敬されてきました。中世には広大な神田や、漁業権を保有していた模様で、祭儀には摂社の漁労の神・調理の神である櫛八玉神と関連した、古代神話の国譲りに因む神事が継承されてきました。
主祭神は速秋津比賣神(通称橋姫と呼ばれ水門神、祓門神)、相殿神は五十猛命、大屋津姫命、抓津姫命(樹種神)、摂社神は櫛八玉神(出雲大社の膳神で、漁労神)です。

Dscf1373_800

Dscf1372_800
▶鳥居

Dscf1371_800
▶神門

Dscf1333_800

Dscf1342_800
▶手水舎

Dscf1366_800

Dscf1334_800
▶拝殿

Dscf1343_800

Dscf1349_800
▶ご本殿。後方から

Dscf1340_800
▶恵美須社(大國主命・事代主命)

Dscf1345_800
▶常光神社

Dscf1347_800
▶白潟地主総荒神(速秋津比古神・素盞嗚尊)

Dscf1352_800
▶船霊神社(表筒男命・中筒男命・底筒男命)

Dscf1355_800
▶金刀比羅神社(大名牟遅命・少彦名命)

Dscf1356_800
▶趣のある石灯

Dscf1370_800
▶ご神木

Dscf1359_800
▶和田津見社(櫛八玉神・豊玉彦神・豊玉姫神)

Dscf1364_800
▶道祖神社でしょうか?詳細はわかりません

Img112_800
▶ご朱印

|

« 神魂神社から八重垣神社(H21.4.21) | トップページ | 坐摩神社(H21.5.20) »

神社巡り 島根」カテゴリの記事

コメント

神様のお話たくさんたくさん聞きたいです。いっぱいいっぱい同じ時間を、送ることができますように。願いを込めて。

投稿: あさはた | 2017年5月 9日 (火) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038526/33210922

この記事へのトラックバック一覧です: 賣布神社(売布神社)(H21.4.21):

« 神魂神社から八重垣神社(H21.4.21) | トップページ | 坐摩神社(H21.5.20) »