« 世木神社(H20.6.21) | トップページ | 熱田神宮(H20.6.22) »

2008年6月26日 (木)

真清田神社(H20.6.22)

●真清田神社(愛知県一宮市真清田1-2-1)
延喜式神名帳に「眞墨田神社」として所載され、名神大社に列し、大正3年に国幣中社に列格した名社です。古くより尾張国一の宮とされ、所在地の愛知県一宮市は、この真清田神社の尾張国一宮からきています。真清田(ますみだ)というきれいな社号は、当地が木曽川の清い水によって形成された水田地帯であったためと言われています。
社伝は神武天皇33年の創建とし、祭神は尾張氏の祖とされる天火明命。祭神の御子・天香山命が、葛城の高尾張邑から当地へ移って開拓するにあたり、父・天火明命を祀ったとしています。ただ、諸文献によると、江戸時代までは大己貴命あるいは國常之尊を祭神としており、正式に天火明命を祀ったのは明治以降のことです。また、祭神が8頭8尾の大龍に乗ってきたという伝承があることから、水神としても信仰され、尾張藩主はたびたび晴雨祈願をしていました。
中世以降は、尾張国一宮として朝野の崇敬をあつめ、鎌倉時代には順徳天皇が多数の能楽面(重文)を奉納。神領は、嘉禎元年(1235)に記された久我文書に、「水田129町9反300歩」と所載されています。江戸時代は、尾張藩主のあつい庇護を受けます。名古屋城築城後、初代尾張藩藩主・徳川義直1631年(寛永8年)に真清田神社の社殿の大修復を行なっています。また、尾張藩4代藩主の徳川吉通は1702年(元禄15年)に本殿を修造し、さらに1707年(宝永4年)には楼門を再建するなどしています。松平忠吉は神領200石を寄進、寛永4年(1627)には徳川義直から神領105石を寄進され、旧来からの神領とあわせて336石6升となった。寛永16年(1639)義直からあらためて黒印状を寄せられ、これより歴代の領主は、先規によって朱印状を寄せるにいたりました。また、1747年(延享4年)には尾張藩8代・徳川宗勝が本殿を修造、さらに1792年(寛政4年)にも尾張藩9代・徳川宗睦が同じく本殿修造を重ねており、真清田神社の尾張国一の宮としての崇敬が伺えます。
その後、1932年(昭和7年)社殿修理や境内の整備が行なわれたものの、残念ながら名古屋城同様に、大東亜戦争の米軍空襲によって一部を除き、ほとんど焼失しました。
境内社の服織神社は、祭神の母神であり、織物神とされる萬幡豊秋津師比賣命を祭祀。東海地区最大級の七夕祭り「おりもの感謝祭一宮七夕まつり」では、特産の毛織物が奉納されます。

Dscf7006_800

Dscf6940_800
▶楼門前の太鼓橋。

Dscf6942_800
▶昭和36年再建の楼門。

Dscf6944_800

Dscf6943_800
▶手水舎。

Dscf6997_800
▶拝殿。

Dscf6994_800
▶拝殿左から。

Dscf6985_800
▶奥がご本殿。

Dscf6951_800
▶拝殿からご本殿。

Dscf6947_800
▶神馬。

Dscf6948_800
▶夫婦楠。

Dscf6959_800
▶幸運楠。

Dscf6949_800
▶伝教杉。

Dscf6962_800
▶君が代に詠まれている「細石」

Dscf6983_800

Dscf6955_800
▶服織神社拝殿。

Dscf6961_800
▶服織神社拝殿からご本殿。

Dscf6965_800
▶愛鷹社・犬飼社・天神社。

Dscf6966_800
▶鶏が放し飼いにされています。

Dscf6968_800
▶この階段を上ると

Dscf6973_800
▶須佐男社、愛宕社、秋葉社が祀られています。

Dscf6976_800

Dscf6978_800
▶神池の中に島があり、八龍神社と厳島社が祀られています。

Dscf6975_800
▶神池の手前側に社がありますが、祭神は不明。

Dscf6996_800
▶稲荷神社。

Dscf7000_800
▶三八稲荷神社。

Dscf7002_800
▶三八稲荷神社の右となりの稲荷社。

Dscf6950_800
▶神水舎。

Dscf6988_800
▶ご神水。非常に美味しかったです。

Dscf6990_800
▶神水舎内の社、ご祭神は彌都波能賣大神齋様。

Dscf6993_800
▶子宝祈願らしい・・です。

Dscf6992_800
▶おもかる石。


●神明社(愛知県一宮市大宮1丁目付近)
尾張一宮駅から真清田神社に向かう途中に神明社という神社を発見しました。真清田神社に関係があるのかどうかも全く解りません。また、ご祭神や由緒など何の案内板もないので全く解りませんでした。ご挨拶だけさせて頂きました。

Dscf6936_800

Dscf6937_800

Dscf6933_800

|

« 世木神社(H20.6.21) | トップページ | 熱田神宮(H20.6.22) »

一の宮」カテゴリの記事

神社巡り 愛知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038526/21828554

この記事へのトラックバック一覧です: 真清田神社(H20.6.22):

« 世木神社(H20.6.21) | トップページ | 熱田神宮(H20.6.22) »