« 生田神社(H20.6.3) | トップページ | 広田神社(H20.6.9) »

2008年6月 9日 (月)

サムハラ神社(H20.6.6)

●サムハラ神社(大阪市西区立売堀2−5−26)
本日、たまたま西大橋の駅の近くで待ち合わせがあり、地図を見ていると地図上にサムハラ神社という鳥居マークを発見。今までカタカナの名前の神社は見たことも聞いたことがないし、神社の名前を騙った何かの施設かなと思いながらも気になったのでちょっとググってみました。

「サムハラ」は、パソコンでは変換できません。漢字っぽい4文字で示され、文字そのものに「力」が宿り、古くからお守りとして親しまれてきたのだそうです。

Samuhara

Dscf6266_800
▶これでサムハラと読むのです。

サムハラという言葉自体もその由来は相当古く、「天御中主大神」、「高産巣日大神」、「神産巣日大神」を総称して「サムハラの大神」と称え奉られています
天之御中主神(アマノミナカヌシノカミ)、高御産巣日神(タカミムスビノカミ)、神産巣日神(カミムスビノカミ)の造化三柱(ぞうかのさんしん)とも呼ばれる神々が祀られているサムハラ神社。
天之御中主神が「造化三神」の、そのトップに立つ神です。 現在の神道でも天之御中主神は、最高神として位置づけられているようです。
その昔、大自然の驚異が神の御技でしかなかった頃。古代の人々はサムハラと呼ばれる原初三柱の神様を考え出したらしいです。この三柱を表す文字が「サムハラ」、どうやらこれが神道の始まりのようなものとのことです。
もともとは天照大御神の神代の時代に、御祓いの祝詞として発祥した言葉で、外部から侵入する「ツミ、トガ、ケガレ」を避け、開運と成功を祈る祝詞らしいです。
「最高の神は?」 との問いに、多くの人は「天照大御神」と答えるでしょう。 しかし、天照大御神が現れるのは、造化三神よりもずっとずっと後のことになります。
このサムハラ神社は、たまよけ神社とも呼ばれていて、その力により大阪府警第一方面機動警ら隊が横にあるんだとか・・・・

Dscf6255_800

Dscf6256_800
▶サムハラ神社北門

Dscf6267_800
▶小さい神社ですが、奥宮が美作(岡山県)にあるとは、非常にスケールの大きな神社です。

Dscf6260_800

Dscf6262_800

Dscf6263_800

Dscf6264_800
▶小さい神社でしたけど、寄進者の名を見ると凄いです。正面にまわってみると、誰でも知ってるような有名企業やある首相経験者の名前がずらりありました。

Dscf6269_800

Dscf6271_800

Dscf6268_800
▶ご本殿。

|

« 生田神社(H20.6.3) | トップページ | 広田神社(H20.6.9) »

神社巡り 大阪」カテゴリの記事

コメント

サンバラとも読むらしいですが
シャンバラのことですね
シャンバラとは究極の祝詞です
ありがとうございます

投稿: 中主 | 2008年6月22日 (日) 14時15分

中主さん こんばんは!

ご訪問&コメントありがとうございます。

サムハラ神社はたまたま見つけたので参拝しました
というだけだったんですけど、非常に奥の深い神社ですね。
うちのブログにもサムハラでググって来られる方がダントツで多いです。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿: 神在月 | 2008年6月23日 (月) 21時17分

大阪は枚方在住のゴリックと言います
サムハラ神社を調べてここにたどり着きました
フェイスブックにリンクをはらしていただきました
一度サムハラ神社にお参りに行こうと思います
ありがとうございました!

投稿: ゴリック | 2012年12月22日 (土) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038526/21485113

この記事へのトラックバック一覧です: サムハラ神社(H20.6.6):

» サムハラ神社のお守り [BochiBochi]
写真は「サムハラ」と読むそうだ。 今日、友人に3Mの抗ウィルス用マスクを差し上げたら、お礼にこの画像が届いた。 大阪にあるサムハラ神社のものという。この神社についてまったく知識がなかったのでWEB検索をすると http://kamiariduki.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/h2066_0f05.htmlに下記の記事があった。 「その昔、大自然の驚異が神の御技でしかなかった頃。古代の人々はサムハラと呼ばれる原初三柱の神様を考え出したらしいです。この三柱を表... [続きを読む]

受信: 2008年8月11日 (月) 00時52分

« 生田神社(H20.6.3) | トップページ | 広田神社(H20.6.9) »