« 猿田彦神社(H20.6.21) | トップページ | 真清田神社(H20.6.22) »

2008年6月24日 (火)

世木神社(H20.6.21)

●世木神社(三重県伊勢市吹上1丁目2-6)
世木神社の西側に他の神社にはない、お祓所があります。天皇の勅使や神宮祭主が伊勢神宮に参拝されるとき、神宮司庁がこの場所に幄屋(あくのや、参加者のための仮屋)を建て、お祓いの儀式が行われました。古来この地は、宮川の支流がたくさん流れており、その水流は豊かで五十鈴川のようにきれいな流れでありました。そのため伊勢神宮を参拝する前にこの清き流れで身の穢れをお祓いし、神宮のご神意域へ入るという習いができたようです。そのお祓いをする場所が世木神社のお祓所なのです。
「世木」は、水をせき止める堰に由来する名。上古以来、宮川の分流豊川をせきとめて用水とする堰があったので、この地が「世木」と呼ばれました。主祭神の天牟羅雲命は、この地の豪族で代々外宮の祢宜をつとめる渡会氏の遠祖とされる神ですが、その度会一族の一つがこの世木村に住み世木氏を名乗って本社を氏神とし、又治水を祈ってきました。創始の年代は不詳ですが、この世木氏の氏神であった光明寺(現岩淵三丁目)に残る古文書は、鎌倉時代のこの地の盛行を語っています。しかし、十五世紀中葉、この世木氏が他の土地に移住していくと、社は残った村人達の氏神となりました。明治四十一年、周辺の藤里や岩淵にあった渡会氏関係の社はここに合祀され、世木坐渡会氏神社となり今に至りました。

Dscf6753_800
▶伊勢市駅を降りるとすぐに見えます。

Dscf6752_800

Dscf6751_800

Dscf6745_800
▶拝殿。

Dscf6747_800
▶拝殿からご本殿。

Dscf6749_800
▶三吉稲荷神社。

|

« 猿田彦神社(H20.6.21) | トップページ | 真清田神社(H20.6.22) »

神社巡り 三重」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038526/21850755

この記事へのトラックバック一覧です: 世木神社(H20.6.21):

« 猿田彦神社(H20.6.21) | トップページ | 真清田神社(H20.6.22) »