トップページ | 第62回神宮式年遷宮 »

2008年5月10日 (土)

貴船神社から鞍馬寺(H20.5.7-8)

ゴールデンウィーク明けの5月7日から8日に貴船から鞍馬に行ってきました。約9ヶ月ぶりの貴船神社参拝です。
夕方17時30分ごろの薄暗くなりかけた頃に貴船口駅おりて、テクテクと30分ほど参道を進みます。バスは16時20分貴船口発が最終でした。

●貴船神社(京都市左京区鞍馬貴船町180)
Dscf5503_3
▶本宮の正門は開いていました。どうやら20時まで開門しているみたいです。

Dscf5513_800

Dscf5515_800

Dscf5505
▶貴船神社本宮のご本殿に到着したのは18時ごろ。すでに社務所は閉まっていて、私以外誰も参拝客はいませんでした。

Dscf5518_800

Dscf5530_800
▶貴船神社本宮から奥宮へ。だんだんと凄みを増してきます。

Dscf5533_800

Dscf5555_800
▶日は完全に沈んでいないのに、この暗さです。

Dscf5536_800

Dscf5538_800
▶貴船神社奥宮は正門は工事中のため仮参道から入ります。

Dscf5540_800

Dscf5541_800

Dscf5545_800
▶日が沈んだあとの貴船神社奥宮はなかなか凄みがあります。

▶あたりはもう真っ暗で人影もなく、以前に朝に訪れた奥宮とは全く違う空気でした。さすがに、薄気味悪いので結社に行くのはあきらめて、予約していた宿に行きました。奥宮から一番近い宿です。
http://www.hyoue.com/

New_torisuki_b

Dscf5559_800
▶貴船の中では比較的お安く泊めて頂けて、料理もおいしかったです。女将さんも気さくな方でアットホームなお宿でした。ビールを結構飲んだ後、日本酒を4本も。飲み過ぎました。

Dscf5583_800
▶朝食は川床でいただきました。私一人でした。

Dscf5563_800

Dscf5562_800
▶朝の貴船神社。非常にさわやかです。やっぱり貴船神社は朝にお参りするのがいいですね。

Dscf5561_800
▶懐かしい郵便ポスト

Dscf5567_800

Dscf5568_800
▶貴船神社本宮境内。

_800
▶貴船神社御朱印

Dscf5569_800
▶貴船神社拝殿を横から。

Dscf5577_800
▶本宮境内末社。貴船神社には過去何度か参拝していましたが、今まで鎮座されているのも気付きませんでした。

Dscf5573_800

Dscf5574_800
▶有名な水占いおみくじ。末吉でした。

Dscf5579_800

Dscf5588_800
▶貴船神社本宮から奥宮へ。昨夜とは全然違う雰囲気です。

Dscf5592_800
▶恋の道と言われているらしい。

Dscf5606_800

Dscf5604_800
▶貴船神社奥宮到着。

Dscf5599_800
▶朝の貴船神社奥宮。夜とまったく違う空気です。

Dscf5607_800
▶奥宮の正門は修復中。非常にきれいになっていました。もうすぐ工事も終りそうな感じでした。

Dscf5610_800

Dscf5609_800
▶奥宮から結社へ

Dscf5613_800

Dscf5614_800
▶ご神木

Dscf5612_800
▶奥宮から結社の間に鎮座されている末社

Dscf5616_800

Dscf5633_800
▶結社に到着。

Dscf5618_800

Dscf5622_800
▶結社も工事中でした

Dscf5619_800
▶本宮でいただいた結び文を結社で結ぶところ。昔はご神木に結んでいたらしい。

Dscf5628_800

Dscf5629_800
▶天の磐船(昨夜、私が泊った宿のお部屋も磐船でした)

Dscf5625_800
▶結社の和泉式部歌碑

Dscf5623_800

Dscf5631_800
▶石碑


●鞍馬寺(京都市左京区鞍馬本町1074)
Dscf5640_800

Dscf5641_800
▶貴船から鞍馬へ向かいます。

Dscf5643_800

Dscf5653_800
▶登りの結構きつい山道が続きます。

Dscf5644_800

Dscf5645_800
▶変わった木でした

Dscf5642_800

Dscf5647_800
▶所々にお地蔵さんや社があります。

Dscf5655_800

Dscf5656_800
▶奥の院魔王殿に到着。登りで20〜30分ぐらい歩きました。夏場だったらちょっとつらかったかもしれません。貴船からの道はほんのり涼しく快適でした。

Dscf5662_800

Dscf5660_800
▶木の根道が続きます。

Dscf5670_800
▶義経堂・僧正が谷不動堂到着

Dscf5671_800
▶まだまだ登りがあります。

Dscf5681_800

Dscf5664_800

Dscf5682_800
▶義経公背比石

Dscf5680_800

Dscf5672_800
▶ちょっと縦走路からそれて大杉権現社に向かいます。

Dscf5675_800

Dscf5676_800

Dscf5678_800
▶大杉権現社。

Dscf5685_800
▶ここからは下りが多くなります。

Dscf5667_800

Dscf5686_800
▶遮那王堂

Dscf5689_800
▶義経公息次ぎの水。枯れかけているようでした。

Dscf5697_800

Dscf5693_800
▶与謝野鉄幹・晶子歌碑と冬拍亭。鞍馬寺まであとすこし。

Dscf5702_800

Dscf5706_800

Dscf5703_800

Dscf5705_800
▶釣鐘と八所明神。マップにも載っていなかったのですが、横道に入ると釣鐘がありました。生まれてはじめて釣鐘をたたきました。

Dscf5711_800

Dscf5709_800
▶鞍馬寺につきました。鞍馬から貴船に向かう方々の入り口です。

Dscf5714_800
▶鞍馬寺金堂

_800_2
▶鞍馬寺御朱印

Dscf5719_800

Dscf5722_800

Dscf5723_800

Dscf5716_800
▶鞍馬寺本殿の横に鎮座されている閼伽井護法善神社。鞍馬寺の境内にある神社はどの神社もすべて榊だけでなくお花もお供えされています。

Dscf5735_800
▶九十九折りの道を行きます。

Dscf5727_800
▶巽の弁財天

Dscf5733_800
▶貞明皇后御息休所跡

Dscf5731_800
▶ケーブルカーに乗らずに鞍馬駅まで歩くことにしました。

Dscf5732_800

Dscf5737_800

Dscf5738_800

Dscf5742_800

Dscf5743_800

Dscf5744_800
▶双福苑(大黒様・恵比須様)

Dscf5747_800
▶義経公供養塔

Dscf5748_800
▶川上地蔵堂。

Dscf5751_800

Dscf5756_800
▶由岐神社。またしても工事中でした。しかも境内に入れませんでした。

Dscf5757_800

Dscf5754_800
▶由岐神社拝殿とご神木。

Dscf5762_800

Dscf5770_800

Dscf5765_800
▶魔王の滝

Dscf5771_800
▶吉鞍稲荷社

Dscf5776_800
▶放生池。

Dscf5780_800
▶普明殿。ケーブルカーの乗り場にもなっている。ケーブルカーは100円らしい。

Dscf5784_800

Dscf5783_800
▶鞍馬寺仁王門

Dscf5786_800
▶鞍馬寺入口。鞍馬寺金堂からでもだいぶん下り坂を歩いてきました。これだけの道を登るのは相当しんどいかも知れません。貴船から鞍馬に抜ける方がだいぶん楽だと思います。

Dscf5789_800

Dscf5787_800
▶鞍馬駅に着きました。

Dscf5788_800

222222_800
▶駅前でくらま温泉の送迎バス発見。温泉で汗を流して来ました。平成3年に秋篠宮殿下も入湯されたらしい。

|

トップページ | 第62回神宮式年遷宮 »

神社巡り 京都」カテゴリの記事

コメント

まるで本当に貴船神社に行った気持ちにさせられました。感謝いたします。夜の貴船神社もいいものですね。
後半自然に涙が流れました。
お疲れ様です。大変ありがたいブログです。

投稿: みほ | 2008年6月14日 (土) 14時08分

みほさん

ご訪問ありがとうございます。コメントもありがとうございました。

奥宮だけでなく本宮でも、また本宮から奥宮までの道でも
誰ひとりいなかったのと、途中で日が暮れたので凄みがありました。

夜の貴船さんは神の宿っておられる場所のパワーというか
強いエネルギーのようなものを肌で実感しました。
それとは対照的に朝の貴船さんは透明感のある澄んだ気がありました。

また、ちょくちょく寄ってください。

投稿: 神在月 | 2008年6月16日 (月) 00時26分

こんばんは。先ほどはこちらにコメントありがとうございました
勝手にURLを貼ってしまいましたこと深くお詫び申し上げます><
どうして、わたしのブログにたどり着かれたのでしょうか?
神在月さんのブログの画像とてもキレイですよね(^^♪
鞍馬は一度も行ったことがなく、行くときは鞍馬~と思ってたのですが貴船~の方が楽なんですね。とても参考になりました。
午後は参拝してはいけないとはよく言われるのですが、行ってしまいます><
別に怖いもの見たさではないのですが~時間がないときってありますよね~(占い師の先生がダメだとおっしゃるんですが、怒られるので内緒にしてますw)

貴船さん以外にも色々、廻られてるようでとても興味深く読ませていただきました
また、時々寄らせてくださいね♪ありがとうございました


投稿: みちる | 2008年7月 8日 (火) 21時23分

みちるさん こんばんは!

ご訪問&コメントありがとうございます。

うちのブログのURLを紹介していただいたことはぜんぜん結構ですよ。
このブログの管理者ページを見ているときに、
みちるさんのブログがリンク元で来られる方が3〜4件あって
それでリンク元のURLにアクセスしたらみちるさんのブログだったんです。

私も午前中に神社にお参りするより、午後から夕方が多いです。
日没前の日が出ているうちであればいいと思っています。
以前は人も少なくゆっくりお参りできるので
夜にお参りするのが好きだったんですけどね。

鞍馬はこれからの季節、山道はちょっとしんどいかもしれませんが、
いいところですよ。夜は避けられた方がいいと思いますが、
朝の澄んだ空気は、貴船さんとはまた違った味わいがあります。

これからもボチボチ更新していきますので、
末長くどうぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿: 神在月 | 2008年7月10日 (木) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038526/20878878

この記事へのトラックバック一覧です: 貴船神社から鞍馬寺(H20.5.7-8):

トップページ | 第62回神宮式年遷宮 »